スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりの自転車通勤。




今日は久しぶりに自転車通勤。
というか,久しぶりに自転車に乗りました。
どれぐらい久しぶりかって言うと,9月30日(出雲路ワンデイラン)から乗ってない。
ちょー久しぶり。

出雲路前のトレーニングでは,暑い中,朝昼夕と汗をかきながら走ってたけど,過ごしやすくなって自転車シーズンが到来したと思ったら,平気で2週間以上乗ってなかったりする。

それにしても僕の住んでるところは気温的にちょうどいいシーズンが短い。
ついこの間までは暑くてエアコンをつけてたけど,このまえの日曜日部屋に早くもこたつを出したところです。
油断してたら,あっという間に冬がきそうです。
自転車,乗れるうちにしっかり乗っておこう。

久しぶりの自転車はやっぱり気持ちよかった。
今は近日にイベントを控えてる状態ではないので,ものすごくまったりと走ります。
トレーニング的なものじゃないです。
もしもホントに2月のブルベ参加を目指すのなら,もう一度マフェトン理論で鍛えなおしたほうがいいんだろなあ。

ところで,実は,この前の出雲路ワンデイランのときから,自転車に新アイテムを導入しています。
今回導入したアイテムは,自転車力向上系のアイテムではなく,自転車快適系のアイテム。

その快適系アイテムはコチラ。

  ↓






ハンドル前に取り付けた新アイテム。
バッグのように見えます。
何だか分かりますか?

シルバーに見えるのはipod。
なんと,まさかのスピーカー。

チャックを開けると中に電池ボックスやスイッチがあって,小物入れにもなってます。



ほんとは,ipodは中に収納するようになってるけど,外部からコントロールしたいので,スピーカー面にipodを取り付けれるように改造。

音はほんとに良く聞こえます。
音量を上げれば,30km/h程度で走っても大丈夫。

ただ,当然のことですが,スピーカーからの音は周りの人にも聞こえます。
それでなくても朝や夕方自転車であちこち走り回ってて,よく見られる人からはちょいと呆れられてるっぽいけど,これで更にスピーカーから音楽流しながら走ったりなんかしたら,変わった人扱い確定,ってかんじです。

人の目さえ気にならなければ,素晴らしいアイテムです。
興味ある人はお験しを~。オススメです。
http://www.cb-asahi.co.jp/image/kokunai/bees/bs1.html

ちなみにこの新アイテム,出雲路では何度かスイッチオン!しましたが,他の参加者と接近するたびに慌ててスイッチオフ!
あはは



スポンサーサイト

ブルベ(Brevet)。



今年は5月の石見ライド,先月の出雲路ワンデイランと2回のサイクルイベントに参加しました。
年内にもう1回ぐらいないかな,とM氏と探してみたけど,近場ではなさそうなかんじ。
7月の飯南ヒルクライム,出たかったなあ。(出たら後悔してたかもしんないけどね。)

インターネットでイベントなど検索してたら,ブルベ(Brevet)なるものに興味がでてきました。
前にインターネットでちょいと見たことあったけど,そんときは自分にはあんまり関係ないような気がしてたんだけどね。
で,ブルベ(Brevet)ってのは,
フランス語で,認定,を意味する言葉で,規定距離を規定時間内に完走すれば認定がもらえる長距離サイクリングのことを総称してブルベ,というみたい。
で,フランスの”オダックスクラブ・パリジャン(ACP)”ていう団体が認定する公式ブルベのことを”ブルベ・ド・ランドヌール・モンディオ(BRM)”というらしいです。

ブルベの距離と時間は,
200km 13時間30分以内
300km 20時間以内
400km 27時間以内
600km 40時間以内
1,000km 75時間以内   とのこと。

日本国内でも公式BRMルールでブルベが年数回開催れており,完走すれば,”オダックス・ジャパン(AJ)”という団体がオダックスクラブ・パリジャン(ACP)に認定申請をしてくれて,数ヵ月後に認定書(希望者にはメダル(有料))がもらえるとのこと。
さらに,同一年内に200, 300, 400, 600kmを完走したものには,”スーパーランドナー”の称号が授けられ,フランスで4年に一度開催される”パリ~ブレスト~パリ(PBP)1,200Km”への参加資格がもらえるとのこと。まあ,さすがにここまではできないけどね。

国内BRMの開催は,各地にあるBRM主催者クラブが開催します。

ということは,開催から認定申請の流れは,
国内BRM主催者クラブ→オダックス・ジャパン(AJ)→オダックスクラブ・パリジャン(ACP) ということになるのかな。

広島から近い開催場所は,大阪のオダックス近畿か,福岡のAJ福岡。
ちなみに,福岡は2008年から正式開催のようです。
1年の流れとしては,春先から200kmが始まり,夏ごろにかけて300km,400km,600km,と順次開催されます。

大阪に行くにしても,福岡に行くにしても,行きに1日,BRMに1日(距離によっては2日),帰りに1日,と,最短でも2泊3日の旅になりそう。

当面,BRM200をkmを目標とすると,オダックス近畿が開催する200kmは2月になりそう。
冬じゃん。寒そう。
でも楽しそう。どうでしょう^^


出雲路ワンデイラン参戦記(たぶん最終)。





今年初めてロードバイクを購入した僕ですが,5月の石見ライド,今回の出雲路と,2回目のイベントに参加しました。

2年前,友人M氏が石見ライド00に参加すると聞いたとき,1日に100km以上走るなんて無理!心臓止まっても不思議じゃないよ!と言ったけど,まさか自分も参加することになるとはね。
今では,自転車で1日100km走るというのは,体を少し慣らせば誰でも走れる距離なんじゃないかと思います。
人に石見や出雲路で走った距離のことを話すと,けっこうな確率でビックリしてくれます。
人に自慢するために走ってるわけじゃないけど,ビックリされるのは正直うれしかったりします。
誰か椅子から転げ落ちるぐらいビックリしてくれないかなぁ。


さて,日記タイトルを参戦記としたものの,参戦記はもうほとんど書いちゃってるので,書き忘れたことや感想などを書いてみようと思います。

これまでの日記にもすでに書いていますが,今回は基本的にチーム4人でまとまって走ることとしたのと,ASでのんびり休憩をして出発したため,最終組付近を走ることになりました。
おかげでASの食べ物はほとんど何もなし状態。
僕らのチームには食べ物を積んだサポートカーがASに先回りしてくれてたので,補給食がなくて困るということはなかったですが,僕らの前後を走ってた方でサポートカーなしで開催要領及び手引きを信じて参加された方は辛かったんじゃないかと思います。サポートカーありの僕でもかなりイラっとしましたから。

走りに関しては,石見ライドの時に比べるとかなりスローペースで走ったんですが,その割には疲労とダメージが大きかったなあ。
とくに,中盤ぐらいから右膝の裏側あたりが痛くて,この痛みは次の日の朝まで続きました。
ペダリングに問題があるのか,僕の体の限界なのか・・・。

コースについては,正直,思ったよりしんどかった。
石見ライドのように山に登るような場所はなかったけど,終盤の短い距離のアップダウン。
肉体的にはもちろん,精神的にもショックを与える小刻み10%坂の連続アタック。
これには疲れたよ~。

コースの案内は,道路に白線で矢印を書いてありました。
所々見えにくいところやわかりにくいところもありましたが,レースじゃないのでよく確認しながら走れば問題ないと思いました。

大会掲示板によると,
実走参加者数:300名
リタイヤ  :12名  とのこと。
それから,見た目での判断だけど,参加者の平均年齢はけっこう高いんじゃないかと思います。
僕は33歳。参加者のなかではかなり若い方だと思います。
それで完走率96%。
僕は疲労もダメージも大きいのに。みんな元気です。
一緒に参加したM氏やI氏も,僕より10歳以上年上。
10年後の僕は160kmも走れるかなあ・・・。自信ないっす。

ということで,楽しみにしていた秋のイベントが終わりました。
年内はもう僕が参加できるようなイベントないのかな?
出雲路ワンデイラン,トータル的には,満足できたし,とても楽しい1日を過ごせました。
出雲路ワンデイランは,近くで参加できる数少ないイベントで,イベントを開催してくださる主催者にとても感謝しています。
来年も是非参加したいと思いますのでよろしくお願いしま~す!


プロフィール

のび太

Author:のび太

年式☆1973年式
星座☆やぎ座 
血液☆A型  
性別☆♂   

管理者ページ

このブログをリンクに追加する
カレンダー
09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
emeters
最新の記事
最近のコメント
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。